アフィリエイトは案件を決めてから行うとスムーズです。

シェアする

こんにちは
サイトの更新を行う、または新規に作成する時
アフィリエイトで収入を得たい時は
出来るだけ、効率的に収入を得たいものです。
アドセンスなどの手法には使えませんが
成果報酬の案件を主体としているならば
使える方法になります。
ある程度更新してから広告貼る方が
良いと思われる方も多いかもしれませんが
元々案件を決めてから更新する方が
効率良くサイトの作成も行えます。
その際に案件を選ぶ際には
2、3の案件に絞った方が良いです。
1案件だけだったり複数でも良いのですが
恐らく貴方の作ったサイトは、
比較サイトではないと思いますので
ユーザが商品を絞った上で選択出来ると言うのが
とても大切な事ですので
出来れば同ジャンルの案件を取得しましょう。
すごく大切な事ですので
もう一度
ユーザが商品を絞った上で
選択出来ると言うのが
とても大切な事です
成果報酬の案件を行っている方は
分かると思いますが、
例えクリックされたとしても
購入まで結び付かなければ
報酬は発生しません。
つまり購入までユーザを
誘導しなければなりません。
その為には、案件に対しての
リサーチが不可欠ですよね。
商品(サービス)の事を知らずに
売れるわけもありません。
貴方が物を購入する時の事を考えて見てください。
例えば外食で考えてみましょう。
お腹が減ったと言う欲求があり
ご飯を食べたいとなります。
その際にご飯は何でも良いのかと言えば
違うはずです。
和食だったり、中華だったり、フレンチだったり。
お寿司だったり、ラーメンだったり、ピザだっり。
その時の気分やお腹の減り具合、
好き嫌いなどもあるでしょう。
美味しいお店の紹介でお寿司屋を紹介したとして
あくまで私の考え方ですが
1件だけの紹介よりも、3件ほどあった方が
良いと思いませんか?
逆に20、30件だと、
結局どこがいいの?となりますね。
サイトを作成する際に、
『美味しいお店紹介』よりも
『美味しいお寿司屋紹介』の方が
実は成果に結び付きやすかったります。
美味しいお店紹介の場合は
何を紹介しよう→お寿司を紹介しよう→
紹介しても案件のないラーメン屋に
ユーザが行く事もあります。
逆にお寿司屋の紹介の場合→ユーザが利用→
美味しいラーメン屋ありませんか?→
ラーメン屋の案件取得→ラーメン屋紹介のように
ユーザの需要に反映出来る事もあります。
案件なしでもバラバラに紹介or案件絞って紹介
どちらが良いのかは、サイト作成者の自由ですが
利益が結び付き易いのは後者になります。