楽になるようにする為にする事は

シェアする

こんばんは
今回は、少し難しい内容になるかも知れませんが
どのビジネスにでも対応出来る内容になります。
仕事を楽にするには、どうすれば良いのか?
色々考えてみましたが、
・仕事が面白い(気持ち)
・仕事量が少ない(タスク)
・仕事の効率が良い(パフォーマンス)
のどれかが、今よりも良い状況になれば
仕事は楽になります。
恐らく、多くの方は仕事の量を
減らすといった事は難しいでしょう。
仕事量が少ないなら、別に構いませんが
それ以上をやらなければ、
結果的に、売り上げの向上に繋がりません。
今回は、仕事量は減らせずにを
念頭に置いて、説明致します。
仕事の量が減らなければ
残るは、気持ちか効率の
どちらかになる訳ですが
効率かと気持ちは、裏表だと思っています。
私、よく行くコンビニの店員さんと
結構、仲が良いのですが
※勝手に思っているかも知れませんが
その店員さんの対応が凄いので
紹介したいと思います。
私は普段タバコを吸うのですが
レジでタバコの方を見ると
『いつもので良いですか?』と言いつつ
『いつもの』タバコを取ってくれます。
これ、いつもだったら只のお節介なのですが
ちゃんと私の目線などを気にして頂いており
タバコが欲しい時にだけ、声を掛けて貰えます。
結果的にレジの対応は、
通常の方よりも早く終わるんですが
1、2事、世間話も出来ます。
言っている意味分かります?
ユーザに対して気持ちが入っていると
余計な部分を省きながら、
効率よく対応が出来ている訳です。

例えば、居酒屋でバイトした事ある方は
分かるかも知れませんが、
注文を持っていくのと、注文を聞く
タイミングを被せる方法ですね。
結構、回りの状況だったり
テーブルの状況に目を配ってないと出来ない事です。
でも、出来るようになると効率がいい(・∀・)b

サイト作成
シェルスクリプトを使えば
エンターを一回押すだけwww
APIを使えば、自動で情報取得
更新が出来ます。
今、挙げた例ですが
いずれも下準備や、ある程度の熟練が必要です。
また、考えて行動しないと出来ない事ですね。
そして何よりも、今までの経験(やって来た事)を
蓄積した結果です。
只、それを表に出しただけに過ぎません。
表に出さなければ意味がありませんし
その後もありませんよね。
如何に楽してと言う事を、考えてみましよう。
小さな積み重ねだって気が付くはずです。

シェアする

フォローする