無料で稼ぐアフィリエイト 申告の区分

シェアする

今回は確定申告の区分についてです。
アフィリエイトを行っていて確定申告って
結構、抜けている要素です。
サイトや、ブログに見に行って稼いでいる方と
そうでない方の区別にのもなります。
実際に稼いでいる方は税金に対して敏感( ̄∇ ̄+)ニヤリ
サイト、ブログ内で税金対策について
書いている方って、実際に少ないです。
答えは、『稼いでないから』
今回は、税金なので結構長くなると思いますが
これから、アフィリエイトで稼いで行きたいと
思っている方は絶対に読んで損はないと思います。
(稼いだら絶対勉強する必要があります)
まずは、税率の変動などがありますので
国税省のホームページ
最低、確定申告の種類について知る必要があります。
確定申告の区分
1.事業所得(青色申告)
継続的にある程度の収入があり、
税務署に「青色申告承認申請」をしている場合
2.事業所得(白色申告)
継続的にある程度の収入があり、
税務署に「青色申告承認申請」をしていない場合
3.雑所得:
継続的にある程度の収入が無い場合。
何のこと言っているか、さっぱり・・・と言う事であまり難しく考えず、
最初の方は青色申告でと考えて下さい。
稼ぎがない方は、雑費所得ね(・∀・)b
単純に税金が安くなるって事で。
(そんなに稼いでいる方も居ないと思うし)
でも、自分で簿記を行わないといけないので
かなり面倒ですw
青色申告とは?
青色申告は、ご自身の所得を正確に申告し、
自主的に納税することを趣旨とする制度です。
そのため、帳簿(*注1)を備えて取引を記録し、確定申告をしますが、
その分、所得の計算上でいろいろ特典があり優遇されています。
青色申告者となるためには、まず税務署長の承認を受けなければなりません。
青色申告をする年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を
税務署に提出し承認を受けてください。
例えば、以前から継続して事業を行っている方で確定申告の期間に
20〇〇年分の申告を青色申告で行えるのは、
20〇〇年3月1〇日(大体15日前後)までに
「青色申告承認申請書」を税務署に提出した方です。
20〇〇年に事業を開始した方は、事業を開始した日から2ケ月以内に
「青色申告承認申請書」を提出していれば、
今回の確定申告を青色申告で行うことができます。
申告前にも青色申告しますよって言う申告が必要になるわけですが
結構、アフィリエイトで稼いでいる方は、税金が大分変りますので絶対に通る道です。
知っていて白色申告にしている人っているのかしら?
まだ税金の話をしたいのですが長くなるので
所得の話をしたいと思います。
まずは以下のように
事業所得または雑所得の金額 = 収入金額 - 必要経費
アフィリエイトの場合は
必要経費はあまり掛からないと思う方もいらっしゃると思いますが
実は、意外に掛かってます。
・ホームページ作成のための書籍代
・アフィリエイトに関する専門書籍の購入費
・ホームページ作成のための写真代
・ホームページ用の写真を撮りに行った交通費
・アフィリエイターのオフ会参加のための交通費
・プリンターのインク代、用紙代、
・ホームぺージ作成ソフト代、デジカメの電池代
・アフィリエイターのオフ会参加のための会費
・アフィリエイトに関するセミナー参加費
・インターネット接続料
・成果報酬の振込手数料
・パソコン代の一部

とか意外にこんなものでも経費として落とせる可能性があります。
(私の場合、オフ会などの交際費ですがw)
今回の記事でより多くの方に利益がありますように☆
長文読んでいただき、感謝します。
アフィリエイトの基礎はこちらから
無料で稼ぐアフィリエイト下準備
※携帯からは画像表示出来ないものがあるので
ご了承下さい。
当ブログは無料情報提供の為、皆さんの1クリックが支えです。
今後も続けて行く為、1クリックご協力をお願い致します。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ 人気ブログランキングへ 

シェアする

フォローする